まぶたが一重で腫れぼったい。そんなあなたに美容整形!

美容整形で二重にするには?

二重でパッチリした目は、女性ならば誰しも憧れますよね!外出する時には絶対にアイプチをするという方も多いはず。そんな憧れのまぶたを美容整形でカンタンに手に入れられるのはご存じですか?美容整形で二重瞼にする方法には大きく分けて2種類あります。それは、「埋没法」と「切開法」です。メスを使わずリーズナブルに二重にしたい方には「埋没法」、半永久的な効果を得たい方には「切開法」がオススメです。それぞれ好みのまぶたの幅を指定できるのが嬉しいですね!

痛みが少ない「埋没法」

二重の「埋没法」はメスを使わず、医療用の針と糸でまぶたの裏を留めるという方法です。施術は両目合わせて15分程度で、局部麻酔を使用して行います。抜糸の必要もないため通院する必要もなく、施術後はそのまま帰宅できます。切開しないので術後のハレも少ないです。個人差はありますが、通常は1ヶ月もあれば自然な状態になり、施術後はシャワーも洗顔もOKです。目を閉じても傷跡が目立ちません。病院によってはこの「埋没法」だけでも様々な種類があります。

効果がずっと続く「切開法」

「切開法」は二重にしようとするヒダの予定線を切開し、内部処理を行った後縫い合わせる方法です。全切開・部分切開の2種類があります。全切開では腫れぼったい目の原因である目の上の脂肪を取り除くことができるため、目元をさらにすっきりさせたい方にオススメです。ただ、強いハレが1~2週間続きます。部分切開では1~2cm程度のみ切開するので、全切開に比べるとハレが長引きません。どちらも20~30分で完了します。「埋没法」も「切開法」も、昔と比べて非常に安全性が高まっています。お近くの病院に気軽に相談してみましょう!

一度失ったら元に戻すことができないと思われがちな処女膜の再生をする手術があります。一日で終わり、痛みがありません。コンプレックスを解消して精神的に若返りしたいという人が受けています。