知っておきたい!家庭用太陽光発電について

よく耳にする、太陽光発電とは

「太陽光で発電ができる家」。と宣伝でも良く目にしますよね。屋根に付けるソーラーパネル、一体どういう仕組み?と気になっている方も多いのではないでしょうか。屋根につけているソーラーパネルは「太陽電池」です。太陽の光を電力に変換する「発電機」のようなもの。よく夏の暑い日、道路が照らされて熱くなりますよね。あれは太陽光が熱エネルギーになっているから。ソーラーパネルは熱になる前に電気エネルギーへ変換する仕組みになっています。

家庭用太陽光発電のメリットとは

太陽光発電のメリット、うまく利用すればさまざまなメリットがあります。最も魅力的なのは、光熱費を削減できるところではないでしょうか。昼間に発電したメリットは、家庭で消費されます。しかし、外出がかさなったりで電気をあまり消費しなかった月があれば、残った電気は電気会社が買い取ってくれるのです。また、災害時は非常用の電力になります。もし災害時に停電が起こってしまっても、電力を供給することができます。非常用の対策の一環としても、安心ですよね。

知っておきたい、デメリット

もちろんデメリットもきちんと把握しておかないといけません。一番のデメリットは、発電量の不安定さです。天候や地域によっては、太陽の光の量が少ないと十分な電気エネルギー貯蓄が難しいところもあります。屋根の向きなども非常に重要です。なので、地域の日照時間、屋根の向きなど、事前に確認、調査が重要です。また、費用設置代も屋根の広さなどで変わってくるので、しっかり業者とカウンセリングすることが大事です。地球温暖化や電力の自由化によって、家庭に太陽光発電の取り入れを考えている方も多いです。しっかり確認をして納得いく設置を行いましょう。

太陽光発電は、自然エネルギーとして太陽光を有効活用できます。特に、日当たりとして天気の良い日には使わない分は買い取ってもらうこともできます。